神戸市の地下超高圧送電線追加工事の個別交渉が開始されます。

神戸市の規制値を超えている異常電磁波問題に関しては自分はやるだけの事はやった!と思いますが

既存の7万ボルトに加えて4月から新たに27万5000ボルトの地下超高圧送電線の追加工事が灘区東灘区で始まります。東灘区の御影山手の守る会の約100名の方々は何年間も問題提議して活動されましたが(よく頑張られたとおもいます)

残念ながら 御影山手自治会とバトルになり 御影山手自治会はこの問題から撤退!

灘区の各種自治会は 反対側の意見ではあるが あまり積極的な活動は行われていません。

早晩 関西電力側が個別交渉を開始します。

大半のご興味の無い方々はもう無関係となります。

医学的な問題もありますが

おそらくは医師会は知りません。

兵庫県保険医協会は全て把握しています。

御影山手に関しては 数名の同志で個別交渉の事を訪問して情報提供しています。明日も行いますが

多くの区民は 我関せず 、もうどうしようもなく

知らなかった(正確には知ろうとしなかった)あなた住民のバカさが全てとなます。

自治会が積極的な行動をとならいのですから

個人個人が電磁波を測定して関与して行く以外に方法はもはやありません。僕は いや数名は努力しています。

僕が努力した理由は ペースメーカーの方が危ないのと

高い電磁波エリアで失神している方がいたからです。

しかし情報提供で

訪問しても 興味が無いのなら!? もう知りません。

個別交渉は極限定された方々限定になるように思います。

区民の皆様ので 電磁波が気になっている方は是非 地元の自治会に問い合わせてください。

あまり良い返事は無いと想像しています。

御影山手に関しては 自治会は関与しない方針のようです。個別に交渉ですから