映画「沈黙」

映画「沈黙」を観ました。久しぶりのアミュ。いつも行くココ・ウォークと違い駐車スペースも椅子も小さく狭い。コーヒーがおいしくない。映画は長く、雲仙地獄の熱湯を浴びせる拷問等の残酷シーンが多くうんざりでした。「火傷」が一番痛いかも。映画館でシスターの姿を見たのは初めてでした。しかしお坊さんの扱いがあんまりです。バチがあたっても知らんばい。遠藤周作原作の「沈黙」の、最後のセリフ「お上のなさいますことに間違いはございますまいて」もナシ。キチジローの行動、リーアム・ニールソンの行動、これは自然です。誰も責めることはできないでしょう。信仰を貫き、自己満足の「死」を選ぶ方はそれはそれで自由です。エンディングで棺桶の中で、こっそり十字架を握りしめていましたが、あれは服さんがないといけないし、奥さんが絡んでいるわけだから、そこの流れもありません。音楽でゴマかさないのはグッド。しかしあの「タクシードライバー」のマーティン・スコセッシ監督ですが外国人監督だとこれが限界かも知れません。アカデミー賞は無理でしょう。原作は「長崎ぶらぶら節」と同じ、映画とはまったく別物で素晴らしいので映画のあとにお読みくださ\xA4

ぁ⦿E戞⇔祖癲崟通琇廚量症佞運討ⓙ刃袖㌶袷詎鮑遒辰針迷疾硝勝覆④燭爐蕕砲靴癲砲気鵑了蓋鍈Ⅸ擷気鵑鵬颪辰燭虔垢海Δ箸隼廚い泙垢❶△△了魦紂ヿ鯆未陵彌蠅覇琛笋ǂ世辰芯杭蟷毀侈攅舛妨什漾"豸丨盒飢颪❹覆い里脇罎里泙泙任后◀泙拭⇒㌣召福崙鷭熟酸賛諭廚力辰皀ɓ奪箸世辰燭里魯❺奪ɓ蝓⦿埜紊法▲献漾Ε悒鵐疋螢奪唫\xB9(g)の言葉でお別れです。「愛国心は地球に持て。魂を国に管理されるな。」。

広告を非表示にする