エベレスト 神々の山嶺

恐ろしくつまらないという噂通りだったことを鑑賞して確認。登山シーンに迫力がなく、エベレストで遭難したマロリーという登山家のカメラがどうしたこうしたとという話は置き去り、すべてが中途半端以下。でも、いろいろ突っ込めて面白いよ。ここまで評価が低い映画は、逆に楽しい。映画の予告編で「世界的ベストセラー」と原作を持ち上げるが、「世界的」← ここ突っ込みどころ。