読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞

土曜の中山メーン11R「G2・NZT」で、ファンファーレが鳴ってゲートが開く頃…俺はWINSの喫煙BOXの中で知り合いの馬券師と煙草を吸いながら…缶coffeeを片手に日曜の桜花賞の話をしていた。

モニター前では、第4コーナーを回ってゴールを目指す馬達に…観客は一喜一憂を。聞き慣れた競馬サークルの学生達の絶叫がする。モニターに目をやれば…赤い帽子が!

ありゃりゃ、マジかよ?(@ ̄□ ̄@;)!

3枠6番のジョーストリクトリが1着!

残念ながら彼等が期待した戸崎圭太の△ランガディアは敗れ、2着にも人気薄のメイソンジュニアとか。それでも単勝馬券を100円だけ買っていた子も居た。これは、伸びシロが読み難い明け3歳の限定戦で、しかも内枠が有利な中山外回り1600のトリッキーコース。しかも上位人気の大多数は外枠に。

まっ、こんなもんさ。それでいい、彼等には。

阪神メーン11R「G1・桜花賞

TVを観ても新聞を広げても、怪物フランケルの娘の話題ばかりだ。最強牝馬?新女王君臨?女神降臨?負けられない戦い?もう殆んど勝ったも同然の報道だ。トライアルのG3「チューリップ賞」では、ソウルスターリングの相手にミスパンテールを狙い撃ちして仕留めた。今年の桜花賞は、この2頭で再びワンツーかなって思ったりもしたよ。怪物フランケルの種付け料は1700万円?早々に日本でもクラシックを軽く勝つくらいでないと、種付けビジネスの相場としては困るだろうな。俺は血統に関しては、少し否定的な立場がある。血統は、残念ながら後付けの学問だ。血統で予想している勝ち組の予想屋なんて余り聞かない。怪物の娘だから強いのではなく、強くあるべきであろうし、強くなければ相場が下がるから困るだろう…そう思ったりもする。生産界としても、別に引退して種牡馬になる訳でもない牝馬クラシックだし、現況の種付けバブルを崩壊させたくはないだろうから…この社台ファーム生産で社台RH所有の有名馬の邪魔はしないだろうなって。

ところが、阪神は午前中は雨模様!芝は、稍重から重だろうな。ここで各馬の道悪適性なんて論じるつもりなんて更々無い。多少の時計はかかるだろうが、まさか泥々の田んぼみたいに悪化するには至らないだろうし、馬場は概ね良好な状態と言ってもいいだろう。つまりね…

ソウルスターリングに、この微妙な馬場状態は…負ける言い訳が少しだけ出来たかなって思うのさ。フランケル出来レースを想定してしまったから、芝の1マイルで一番強いはずのディープインパクト産駒なんて2頭しか出ていない。サロニカは出走を取り消してしまったから、産駒は人気薄のカワキタエンカしか残ってははいない。仮にソウルスターリングに道悪での万が一に危惧した時には、他の社台系の生産馬やら所有馬が是が非でも強引に台頭しようとする。

サンデーRからは、同じフランケル産駒のミスエルテジューヌエコールや穴人気のアエロリット。キャロットFのリスグラシューや、社台RHヴゼットジョリー吉田照哉の個人所有のカラクレナイ。ノーザンFからはレーヌミノルやディアドラ、ベルカプリ、もちろん2番人気のアドマイヤミヤビ!社台ファームからはゴールドケープなんかも出る。恐らくは、これ等の馬にチャンスは生まれるかもしれない。つまりは…

道悪を理由にして、ガチンコにならないかしらと。

◎6リスグラシュー 55武豊

○14ソウルスターリング 55ルメール

▲16ミスパンテール 55四位

●8カラクレナイ 55田辺

もう他は3着でいい。

△15アドマイヤミヤビ 55M.デムーロ

△1ミスエルテ 55川田

○は◎に連敗している。勝負付けという観点からは、◎→○は想定上はかなり難しい。チューリップ賞での▲が7番人気の伏兵であった事を考えるに、黙って買うなら○→◎のラインか。○に逆転するなら▲だと思うが、三城牧場生産のダイワメジャー産駒にクラシックを勝たせる意義があるだろうか。仮に怪物と讃えられたフランケルを負かすとすれば、ハーツクライかなって思ったりもする。いや、血統なんて糞喰らえだ。ノーザンF生産で、キャロットF所有。ヤネは武豊!どうせ勝負してはいけない明け3歳戦で、消長が激しくて格よりは調子が重んじられる牝馬限定戦。ぶっちゃけ、この印は豊への応援馬券的な側面は否定しない。

最後に再び、懇意の競馬サークルの学生達の宝くじを紹介しようか?

◎⇔●▲→○▲● 8点

主軸の馬連2点勝負に◎●からの3連複4点と3着に△△を付けた三連単8点の2200円が遊び心とか。最近の学生諸君は、意外と裕福だわ。

いえいえ、俺が南関東公営競馬で全力を尽くしてきた恩恵なのでありんすよ〜。( ^∀^)