旭川ヘックス同盟活動報告

さて、今回のゲームはエポック社

「独ソ電撃戦」です( ´∀`)

初心者向けの簡単なルールながら、

バルバロッサ作戦の初期を味わえる

ビッグゲームですね。

一番多くプレイしたボードウォーゲームが

これなので、

わたしにとってはホームグラウンドという

感じでしょうかwww

ドイツ軍を“悪兎少佐”が、

ソビエト軍をわたし“みやっち先任軍曹”が

担当しました。

しかし、今回はいささか特殊な状況になりまして、

参考試合といたします。

なにしろドイツ軍が、戦闘判定でサイコロの6の

目を連発しまして、4ターンにはほぼソビエト軍の勝利

が確定してしまったからです。

あれだけ6の目が連続すると、勝負になりません。

結果、ミンスクとスルーツクをソビエト軍が保持した

状態でゲーム終了。

ソビエト軍は何もせずに勝たせてもらった感じです。

ゲームですから、こういう展開もあるのですが、

運要素があまりにも強すぎるので参考試合で

良いでしょう。

あ、

ちなみにブレスト要塞は1ターン目に陥落した

ことは付記しておきます。

ではでは、次のゲームでまたお会いしましょう。