読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と煙草

 私が酒や煙草について書くと、偏りが明らかで、公平ではないと読まれるようである。だから、このタイトルなら私が愛してやまないものについての独断的な話なのだろうと想像できる。このタイトルにギャンブル、さらには女と付け加えれば、道楽者の男の振舞いということになる。ギャンブルも女も今回の話には幾ばくか関係がある。それは四つとも中毒(addiction)と結びついて考えられていることである。そして、中毒は一般的に病気(disease)と見做されている厄介者である。「中毒は脳の病気なのか」という問いは一時盛んに議論されたことがある。その話はいずれすることにして、今日は酒と煙草の近年の役割変化を考えてみよう。

 私は酒は今でも大好きだが、もう煙草は吸わない。だが、10年ほど前までは煙草も好きだった。酒も煙草も嗜好品の代表で、実に多くの種類の酒と煙草が提供されてきた。酒やたばこの愛好者は何でもよいというのではなく、それぞれに好きな酒や煙草にこだわりを持ってきた筈である。だが、酒と違って煙草への風当たりは辛辣で、いずれ社会から抹殺される運命にあるようである。酒を嫌いな人も煙草嫌いに劣らず多いのだが、今のところ人間社会は酒を嗜好品の地位から引きずり下ろし、禁制品にするつもりはないようである。一方、煙草は嗜好品から禁制品になりつつある。

 私は戦後の日本しか知らないが、昭和の時代は酒と煙草に対する社会の反応は同じようなもので、ほぼ同等の扱いを受けていた。だが、20世紀の後半から事情は変化し、煙草だけが厳しい仕打ちを受けるように変わった。その理由は、「酒は健康に利するが、煙草は健康に利さない」に尽きる。この何とも言えない健康至上主義に勝るものは今のところないと言っていいだろう。健康に対して真っ向から対峙できるような、煙草擁護の理由は今のところ誰にも思い至らない。命を守ることが至上命令であるという倫理規範に反するような理由があれば、それは反倫理的だけでなく、反人間的だと思われているからである。命を賭しても構わない理由を見つけることは、自殺を擁護するのと変わらないような理由を見つけなければならない。それは現在ではほぼ不可能。ここから、煙草の喫煙を禁止すべきだという結論が極めてスムーズに導き出されることになる。

 酒には致命的な理由が見つからない。過度の飲酒を慎むなら、健康に貢献する場合すらある。例えば、「百薬の長、ポリフェノール」といった表現は健康を示唆している。だから、酒はこれからも暫くは嗜好品の一つとして比較的安定した地位を保っていくと予想できる。酒の好みの変遷はあるだろうが、酒の存在は揺るがないだろう。一方、煙草は致命的であり、それゆえ、その存続はほぼ不可能という訳である。

 かつては嗜好品の双璧だった酒と煙草の社会の中での地位はすっかり変化した。このパラダイムシフトを引き起こした要因は「健康」であり、それによって双璧の一方は風前の灯ということになってしまった。かつて喫煙を楽しんだ私には少々寂しい気もするが、敢えてこの変化に反対する気はない。