【中国辺境大理2号店出店計画】その?

中国人と合作で 2号店を作る話が 進んでいます。

<立地>

大理白族自治州の行政やショッピングの中心で、

行政関係が集まっている都市部の「下関(シャーグアン)」の

さらに中心部の繁華街に最近出来た最新wのモールである。

現在稼働(予約だけの営業)している1店目のある大理古城と車で30分、15km程度離れている。

・ウォルマートの大理2号店が開業する同じ地下フロアー

・1?300元/月で、店舗面積40?

 保証金が1〜3年分(ここが自己資金のネック)

・ショッピングモールの真後ろには、同じデベロッパーが隣接区域に同時期に開発し

た3千世帯のマンションコミュニティ、周囲の隣接区域も同じ地区の再開発で 総計2万世帯の20階以上の高層住宅が立ち並び、入居を始めている。

デベロッパーも昆明で実績がある地元でも著名な集団でまあまあ信用もある。

・去年末に1〜5階で一部開業した。

 1階には、KFC、スタバ、ピザハットのチェーン店、

 後は。そこそこのブランドショップ(シャネルやグッチはない)と中国では有名な 金製品の店などがある。

当初、ユニクロ、MUJI、吉野家の出店も噂されていたが噂に終わったw、よくある話である。

・若者向けと低年齢向けのゲームセンターが、

 別々のフロアーに2ヶ所

・3階は、最新設備を備えたシネマコンプレックス

 地元のセレクトショップ

・残念ながらソニンや国美電器などの有名量販店はない

 昆明の独立系家電量販店(デベロッパーの関連会社と思われる)が入っている

・4階と5階は飲食エリア。昆明から出店した店がかなり賑わっている。 が、

 目立った有名チェーンもなく、昆明でちょっと成功している火鍋店やステーキ、鉄板焼が同じ業態で2〜3店入っている。 多分数ヶ月で どこかが脱落する。

 ・和食という名前の上海人が経営する日式料理店が1店と、

 サムゲタンやチゲなど韓国式伝統料理&焼肉と火鍋の店や

 最近流行りの非伝統韓国料理系の店が、別経営者で2店。

 前者は、中国人女性と結婚して大理古城で4年前に

 一号店を開店、下関に2号店を出した後の3店目である。

 複数店舗化に関しては参考にしたいと考えている店である。

 

・6階以上は、まだ空店舗も多いが大型ネットカフェや大型フィットネスサロン

・地下にウォルマートと美食街と地元のファッションテナント、日用品

・別に3階にフードコートがあるがこれは流行っていない。 正直、魅力がない。

以上がまあ昆白大泰業城の現時点の全貌である。

近くに新しい商業城や商業街も出来ているが、

まだ、未開業だったり、空店舗ばっかりだったりで 

大理で今一番のスポットは、ここである。

なにしろ、一歩踏み入れると 超有名ブランドショップはないものの、どこでもドアで上海に行った感じがするぐらいの凄さを受けるww あはは

他のショッピングモールが開業したとしても

地域一番店は、よっぽどのことがない限り、他には譲らないだろうと考えられる。

平日でも若年層が午後から ゲームセンターに詰めかけ、周囲の飲食店もいっぱいだ。近々、オープンのシネマコンプレックスも最新設備なので 他の映画館で見るよりは、と、賑わうことは間違いない。

出店する場所は、前述した裏手のマンションコミュニティに通じる中心ではない場所だが、メニューや人気の日本食など内容次第と、マンション入居者を意識したテークアウトを含めた展開であれば、失敗する可能性も低いと考えている。

当初、この場所を候補地として見つけたのは、私だが

自分達だけでやるには、

デベロッパーとの交渉や資金面的に絶対出来ないとは言えないが高嶺の花で こんなロケーションでやれればなあ、と

『こういう立地なら成功する確率は高いんだけどね」と

以前から親交があって一緒に何かやろうと持ちかけてきていた中国人に話ししたところ、乗り気になって検討したが、テナントが空いてなく、一度目は断念、ショッピングモールから出たマンションコミュニティ地上1〜3階の店に話がズレ始め、危うくそこで日式居酒屋をやる羽目になりそうだったが

どう考えても手間の掛かり過ぎの割にはリスクもあり、管理が面倒で難儀なのは見えていたので

『どうしてもやりたいなら、一生懸命やるけど、責任は持てない。 やりたいのは、私ではない。あなた達だという事をはっきりさせてくれないと、やらない。

最初の地下の物件か、それに準ずるところなら 自信もあるし、私の言うことをキチンと聞いてやってくれれば、失敗しないと思うし、成功の可能性は高い』と話をして 相手方の出方を見て待っていたら 私の出した条件に合わず、二転三転どころか、4回転半ひねり後方片手逆上がりw(なんじゃそりゃ)までした上で今の状況になったのであるw

日本人が中国人と何かやる時に決まって踏む道である。

いつの間にか、話が変わって摩り替り、50対50で利益も半分だったのが ノウハウから構築、運営までやらされて やり方や技術を知られたら それでお終いというのが 中国なのである。

とは言え、騙すつもりが相手になくとも結果的にそうなり、

それが当然だとやられたのは、もう随分以前のこと。

それ以降、騙された結果になったことはない。

そうなる前に手を出していない。

そんな誘いが今までどれだけあっただろうか?w

その分析と見極めと判断は、かなり精度が高くなっている。

まあ、それでも 何が起こるか?わからない国なのではあるが

少なくともこの5年以上、騙されたり、失敗はしていないww

大理に来てからこの2年半、すごい実績も上げてはいないがw、失敗もしていない

なんとか、ギリギリ維持できているし、生きているし、対策や方法やノウハウも身に着けた。

それだけでも自画自賛しますよ、、マジ凄いってww、

褒めますよ、偉いってww・・・あはは

まあ、ビザの問題は残ってますけどね、

これが最後の難問ですが、

手間は掛かるし、時間も必要だけど、これも潰せないわけじゃない事も分かってきた。

今回、出店して、まずは、自分達より相手達を儲けさせる事で道が拓ける可能性が高いという事で話を進めているのである。

そうでなければ、利益が出ても忙しくなるだけで、ビザの問題が解決しない。

話は戻して

まあ、そんなこんなの出店ですけど

譲りはするけど、妥協はしない、前提条件を崩さない。

辛抱はするけど、我慢はしない、やりたいようにやる。

一生懸命やるけど、無理はしない、道理を外さない。

勝手都合で去る者は追わない、来る者は拒まない。

最初から疑ってかからない、でも最後まで信じきらない、常に何回でも確かめる。

必ず、理由、根拠、動機、実現性を分析、そして判断、見極め、次の行動。

上や先も目指すけど、下や今も注意する、周りや過去は気にしない。

過去の経験、今の知識、未来の発想と直感。

ま、こんだけやってりゃ、

そんな大きな失敗はしないと確信してまんがな・・・

侮っちゃいないと考えてんですけどね、

皆さん、どうです?

次は、お店のコンセプトとメニューの巻っ!w

『中国辺境大理出店第2号店計画』その?に続く