何故米国はベトナム戦争に負けたのか

世の東西を問わず戦の基本というものは気配を消し敵に知られる前に敵を発見したほうが有利となる、空戦のエース坂井三郎氏も自著にそう書いている、真昼間においても空に星が見えたと言う超人的視力が大空のエースを生んだ理由のひとつなのだ、これが陸戦であればどういうことかと言えば嗅覚に勝るものはない、いくら夜陰に乗じて敵に接近奇襲をかけようと思ってもその場になじまない臭気があれば異変を感じて気配がばれてしまうわけだ、ベトナム戦争においてアメリカ軍が敗北した理由はその地域になじまない異様な臭気であり、アメリカ人の体臭が敗北のいちばんの理由であった、わざわざアメリカ本国から数万キロ離れたベトナムまでクリスマスケーキを運びテキサスからステーキの肉を運んで食べていた米兵はベトナムと言う地域になじまない臭気を放つ目立つ存在であった訳である、ベトナム兵は2キロ手前からアメリカ兵の体臭を感じて待ち伏せや退避行動を取れたと言われているし実際アメリカ軍に勝っている、では現代ではどうであろうか?ベトナム人もマクドナルドのハンバーガーを食べてコカコーラを飲む時代だが米兵はニョクマムの臭いでベトナム兵を2キ\xA5

躰蠢阿波噱ǂ任④襪世蹐Δʔ¤修譴鰐詰鈇世蹐Α"枳餌欧ⅱ♣犬垢襪海箸砲茲辰酉務个和牴修垢襪ǂ蕕任△襦∅鮨佑箘枳餌欧鮟④い抜兇犬覆唎覆辰燭箸④修量餌欧ⓑ牴修靴燭抜轅詎靴覆韻譴个い韻覆い辰討海箸任\xB9www.