5/9 ameoacnfgg

 ゲームでモンスター三匹を仲間にしてドロップアイテムで防具を整えようと思ったけどそうしている内にお金も貯まるんだからダンジョンからの脱出を兼ねて外の街で買い揃えたほうがいいんじゃないかと考えている内にモンスターなので炎攻撃をバッチリ無効化してくれる夢を見た。モンスターだという強みはいいですね、というか大概のRPGの夢でおれはモンスターを仲間にしていると思うんだが、そんなにあったっけ? 言うほど……と思ったけどメガテンとかもモンスター仲間にするみたいなもんだしな。

 起きてからしばらくの間夢を思い出してみてたけど一個以上は無理だった。しょうがないといえばしょうがないのかもしれない、特に季節の変わり目は体調が悪いとかじゃなくて睡眠が光や気温で阻害されて思い出すことが不可能になってしまうからな。これはずっと言い続けるぞ、多分今後何回か言う。ところでインドくんだりではカンニングが流行しているようで、こないだもなんか電子的なカンニングに万策が尽きたから結局壁に群がってカンニングみたいなことやってましたね、その上で、ブラジャーのホックに金属探知機が反応したから公衆の面前で取るように命じられたみたいなニュースが差別だなんだという目線で報じられていたけど、インドの場合はそうまでしてカンニングする奴がいるという大前提を忘れちゃいけないよなと思った。もしこれでブラジャーはおとがめなしということになれば、ブラジャーに紛れてカンニング器具を持ち込む奴がいると断言できるほどインドのカンニング事情はひどい。まあ平等の精神から言えば、女のひとだけこんな目に遭うのかわいそうだから、男も金属製の留め具がある下着を着用してインドへ行こう。そういやメンズブラの会社潰れたんだっ\xA4

院↗瓮鵐坤屮蕕領韻甼颪ⅱ眤粟修世辰燭ǂ匹Δǂ箸ɯ袷瓦剖縮◀❹覆い里任垢❶帖帖\xA3

 横断歩行者等妨害等違反、いつもどっちに「等」が入ってたっけなと思うんだけど、両方なんだよな〜と確認しつつお出かけをカマした。道交法見たら「歩行者等」がそもそも自転車を含めた歩行者のグループの名称として使われているのでそのせいだと思うけど日本語としては違和感ある。でも「等妨害等」で覚えられるからいいかな。出かけてる途中、正確に言うとブックオフへ向かっている最中になんかちょっと蛇行してる車があって、またおれが車道を走ってるから煽ってきてるのかとムカついたんだけど、すぐ先の信号で停まりやがったし、この野郎どんな顔してるんだと覗き込んでやったら、膝の上にトイプードル乗せて運転してるクソみたいな女だった。最悪事故って両方死ぬ可能性もあるわけだし、こいつ犬も人間も不幸にする気か? そんなわけでかなり不快な気持ちでブックオフに到着。GWチケットみたいなの使ってこないだ買い漏らした本を買おうかなと思ったけど、やめた。気が乗らなかったのでやめた。リサイクルショップには冷酒ポットがあったが別に飲まないので無視した。お湯を入れれば燗もできますとか書いてあったけど、日本酒飲まないしな。

 セフレこと世界ふれあい街歩きはハワイのハレイワ。最高につまらない場所だ! サーフィンにも歴史や民俗性があるんだろうけどこういう番組で出てくるサーファーにそのようなものは感じられないので無意味なんだよな。早速サメと泳ぐツアーに日本語の看板があってサイテーな気持ち。船に「海王 Kai ou」って書いてあったのがまだ救いかな。これはサメと泳ぐの檻に入って海に投下されるやつらしい、こないだポルノ女優が足をかじられてたよね。ここからゴミのようにたくさんサーファーが出て来たのでウンザリした。どうもこの周辺ではシ〜ック!!(病気!!)と言うのが流行りらしい、それが英語圏全部の流行かどうかは不明。海辺にはカリフォルニアのいかつい新婚夫婦がいた。さらにその奥にはサーフボードを磨いている老人がいて実際に海にも繰り出していたけど、水葬にしか見えなかった。番組の四分の一が終わったけどまだビーチにいて、カズレーザーみたいなジジイ出て来た。なんかサーフィンの歴史聞いたことあるやつだった、一回禁止されたみたいな奴だ。ここでようやくビーチが終了し、サーフショップが出てくる、ハア……、昔は駅だったらしい。ガキがぞ

ろぞろ出てきてフラダンスが始まる、この辺も想定内のハワイだな。住宅街のシーンで唯一、ニワトリが横断歩道渡っててすごいと感じた、横断歩道と言うものがそもそも認識できるのか。グルメコーナーがフードトラックだったけど、それはハワイ人のグルメなんすか? ハワイの住宅街も楽しくないんだよな生活感がないから、と思ってたらウクレレ作家の豪邸が出て来た、もうダメだ!「サーファーが死んでもウクレレは残るだろ」じゃねーよ、普通はサーフボードを残すはずだが。ウクレレ工房の次はサーフボード工房、一体何が街歩きなんだ? 寄り道コーナーはクアロア・ランチ。王家の聖地ということで進んでいくと、ジュラシック・パークの撮影が行われたとのこと、王家のひとは望んでたのかな。戻ったら、ガキがヒヨコを追いかけていた。ヒヨコの名前がベッキーだったし、オスが食われてしまう!! とゲラゲラ笑ったけど、これはハワイの楽しさじゃないんだよな。はいはい、夕日に輝く海な。ここで終わりかと思ったら最後の最後に、神経がやられる病気のひとが出てきた、極めて重い内容だ。ハレイワは以上です。何も面白くなかった。

広告を非表示にする