あなたの宇宙はあなただけ、二つと同じ宇宙は 存在していないのです。

あなたの宇宙はあなただけ、二つと同じ宇宙は 存在していないのです。

津留晃一

信じるものを見る

人にとって目に見えないものを

信じるという事は

なかなか難しいことのようです。

誰も自分が確信できないものを

信じようとはしません。

しかしこの思考パターンを

少し変更せざるを得ない現実が

最近確認され始めました。

その最たるものが

量子物理学の世界です。

量子のミクロ世界では、

見ようとする対象物は必ず見る側の

影響を受けるというものです。

我々人間の目は光で

物を識別認識しますが、

ミクロ対象物はこの光により

大きくゆがんでしまいます。

即ち見ていないときと

見ているときでは

全く別の形を

呈していることになります。

ということは、

我々が見ているものは、

我々が見ていないときの物とは

全く別の物であるという事です。

これまで我々は

一体何を信じてきたのでしょう。

目にした物しか

信じようとしなかったのに、

見ているものは真実を

表してはいないという事になります。

アインシュタインが言っているように

我々人間はエネルギーそのものです。

そしてそのエネルギーは、

人の個性通り

別個のエネルギーを持っています。

私が社員Aを見るとき、

社員Aは私のエネルギーによって

影響を受け、変化しています。

そして社員Aの友達が

社員Aを見るとき、

今度はその友達のエネルギーが

社員Aに影響を与え、

そこには社員Aの友達から見た

社員Aが誕生します。

即ち社員Aは

見る人の数だけ存在し、

絶対的社員Aなる者は

存在しないということです。

このことを認識していない

社員Aの同僚二人が

社員Aについて議論しているところを

想像してみて下さい。

その議論がかみ合わなくて当然です。

そして常日頃我々は

こういう不毛の葛藤を

体験し続けています。

あなたに知っていただきたい事は、

あなたが見ている世界は

あなた独自の

ユニークな宇宙空間であり、

存在していないのです。

あなたが認識している世界は

あなただけの世界であり、

そしてあなたの前にいる社員Aは、

あなたの世界とは全く違う

別宇宙の存在であるということを

しっかり骨の髄まで

しみ込ませて欲しいのです。

この三次元物質世界に

存在する全ての物は、

互いにまわりの物から

影響を受け合います。

あなたの前にいる全ての人は、

あなたの影響を受けた

あなた独自の人物です。

あなたの奥さんは

あなたによって

変形認識された奥さんであり、

奥さんそのものとは

かけ離れた

存在であることに

気付いて下さい。

気に入らない

奥さんがいるとしたら、

それはあなたの

エネルギーが創り出した

あなたの宇宙にのみ存在する

奥さん像であり、

実体ではありません。

たとえそれがどんなに

リアルに見えたとしても・・・。