日曜日の反省

日曜日の反省。

ディープインパクト一色の日であった。

巴賞をサトノアレス、CBC賞シャイニングレイ、とディープインパクト産駒が函館と中京のメーンを制する。極めつけは福島でのラジオNIKKEI賞でのセダブリランテス、ディープインパクト産駒のディープブリランテの子である。正しくディープインパクト一色の一日であったとしか思えない。一月は重賞を勝てなかったディープインパクト産駒であったが、やっぱり日本競馬を背負っているのはディープインパクトであった。

自分の馬券は完敗。ディープインパクト産駒の強さにあやかりたいものです。ただ、初見でセカンドテーブルを重宝したのに馬券で無印とは情けない。

広告を非表示にする