健康福祉委員会

なんか〜、人事が一新されて、初めての委員会で、その運営方針をめぐってもめて、委員長不信任が出て、委員長がやめちゃったんですって。

偉い人に、1階で立ち話をした時に大変だったんだってねえ〜とか言われちゃて、思わず吹き出しそうになっちゃいました。

今回は、まあ〜、ねえ〜、喧嘩両成敗か?って感じ。

その場にいなかったから、なんとも言えませんが、議員キャリアを積んだ委員長としては、いかがなものかなと思いましたね。

争点は、請願陳情審査に関係執行機関の説明員を入れるかどうか?と説明、質疑をするか?あたりのようでした。

私の所属する総務委員会でも似たような議論があって、全体の盛り上がりにかけ、玉虫色というか従来通りの取り扱いが申し合わされました。

従来は、執行機関説明委員を出席させ、関連条項を説明させ、質疑までするというのが実態でした。これが当たり前だと思っているおバカ議員が数多くいる船橋市議会ですが、これは実は大きな間違い。

請願陳情が出されるということは、執行機関の対応に納得がいかないから、なんとか議会さん助けてくださいよ〜。というのが一般的。

過去の経緯から言えば、当然執行機関と対立関係にある請願陳情が多いわけですから、簡単に言えば、政権野党側の人たちです。

ということは、どこ?

そうです。日本共産党、そして日本社会党日本社会党は無くなっちゃいましたが、この2党の流れを汲む人たちです。

この方達が、過去に勝ち取った発言質問の機会であり、時間なのです。

では議事法則から言ってはどうか?

ちょうど昨日、甲府市議会の議員と一緒でしたから聞いたら、そんなことしませんよ〜が答えでした。

請願陳情というのは、議長あてに広く受付けるものです。で、船橋市議会は、丁寧に審査をしているのですが、ここには執行機関の立ち入る理屈はないのです。

百歩譲って、質問をしたいのならば、一般質問ですれば良いのです。

請願陳情に関して委員が知りたいことがあれば、個別に、請願者、請願の場合は紹介議員、陳情者に話を聞き、船橋市の現状を知りたければ、委員個に関係部局の説明を受ければ良いでしょう。

そして、問題点があるとすれば一般質問で質せば良いでしょう。

過去に、日本共産党が請願陳情での多くの時間を費やし執行機関に対する質問等で辟易している議員がいることをわかっていないことに今回の問題の本質があったのでしょうね。

繰り返しになりますが議事法則から考えても、執行機関を審査に引っ張り出すのは大きな違いなのです。

それを過去は、大人の対応をいわゆる政府与党系の議員がしてきただけの話。

議会が、より開かれ、熟議の議会を目指して行くにあたって、理不尽な、議事法則からかけ離れたことはやめながら、メリハリのある議会運営をするべきでしょうね。

そういう意味では、今回は、幼稚な扱いでした。

委員会のどこかのタイミングで、休憩を取るべきだったと思います。それを言い出すのはやはりキャリアのある議員。

ここでいう休憩は単なる、トイレへ行く時間では無く、頭を冷やす原則論をみんなで確認し合う、最善の方法を模索するためのざっくばらんな話し合いをする。などの休憩です。場合によっては、議長室や別の委員会室でしょう。

みんなが突っ張りあってはダメですね。

しかも、誰かが大人の対応を提案しないと。

まあ、みんなが未熟だったんでしょうね。

でも、はっきり言っておきますが、僕がその場にいたら、大人の対応の休憩を促すのでは無く、きっと首を取る、まさに今回の動きと同じような動きを率先して取るでしょうね。僕ってそういう人だから。笑

なぜならば、それ以上に委員長はうまくやれば自分の権限でなんでもやれるし、協議を打ち切るすべがあったんですもの。

委員長の権限の範囲で取り扱える事項なのです。

実はこれは、議会事務局が過去の事例で学習した結果の議会事務局が楽に仕事を進めるための事前準備に過ぎず、どこにもこの話し合いの根拠はないのです。

運営要領なんて、一方的に委員長が宣言して終わりだって構わないのです。

委員長とはそれほどまでに権限があるのです。それが未熟者の次第書読み上げ係だと間違った知識を持っている委員長が数多くいるからこういうことが起きるのです。

ですから今回の健康福祉委員会は、との話し合いの結果の惨劇であり悲劇だったと思います。