捨てればいいのにを手放す。

いやあ

この姿を見て

私はいつも

平和な気持ちになります。

半目を開いて熟睡中。

家族みんなで

野性のウサギだったら

とっくに食べられてるよね〜

と感心しています。

ごそごそとやっていましたら

また出てきました。

夫の古いスポーツウエア。

はい、わかっています。

家族のモノに手をつけないのは断捨離の鉄則。

だからもちろん

本人が忘れていようと

古すぎて

生地が劣化していようと

どうみても

もう必要ないと思っても

捨てません。

そのかわり

私がしたことは

洗濯。

だってカビの匂いがするのです。

素直にキレイにしようと

思いました。

白状しますと

以前、夫の古いウエアを

洗ったときは

もう捨てたらいいのに

という気持ちもありました。

ですが今回は

その気持ちがやや薄れて

これは私のモノではない

そして本人にとっては

大切なモノかもしれない

という単純な気持ちから

うーん、というよりも

基本どうでもいいわ()

という心境に近い?

ただ、ケアはしてあげる

優しい妻(笑)

このあたりに

私ダンシャリアンとして

結構成長してない?なんて

ちょっと嬉しくなって

ひとりうすら笑いを

浮かべてしまいました。

でも

この心境の変化は

なんなのかしら。

自分の断捨離に集中すると

家族のモノはどうでもよくなる

ってこと?

さあさあ

こちらはこちらよ()

私は私の断捨離を

ただ繰り返すのみ。

だからでしょうね

乾いたそのウエアたちを

穏やかな心で

また元通りに納めることが

できました(o)

しあわせは深呼吸から

そして手放すことから

あなたが笑顔になりますように::

おつきあいありがとうございました。