死に際に

死に際に、あぁ良い人生だった幸せだったと思えたらきっと良い人生なのでしょうか。

だから

死んだ気になってとか死ぬ気でとかそんな言葉があるのでしょうか。

死ぬは誰もが1回しか経験できません。

自由を勝ち取るのは

命懸け

とは、画家堀文子さんの御言葉ですが、成るほど言い得て妙だなぁ〜と

自由に生きる事は、ある意味不自由でもある。好き勝手に生きる事を貫き通すには、誰に何を言われようと、何を書かれようと、何をされようと、その全てを自らの責任で全てを受け止めて

気にしない

放っておく

その勇気が無ければ出来ません。

権利を主張しない

孤独に負けない

群れない

慣れない

頼らない

本当の自由とはその全部の覚悟の上にあるものだと思います。

全てとはいいませんが、自由には自己責任が付いて来るのです。

自分は悪くない相手が悪い学校が悪い社会が悪い

自分以外に悪を求めて自分を正当化する。必ず誰かを悪者にしたがる。犯人探し言葉じりの揚げ足取り

情報過多による弊害は益増えていく

バランスを崩した

今の日本

海外からはどう見えているのでしょうね。