心豊かになると全てがシンプルになる。

心が豊かで無い時、

つまり、あれも欲しいこれも氣に成る、

あの人は自分はと、

何かとその色なエゴ(我欲)が

いつも心を占有していて、

これがいわゆる心が寂しい状態で、

いつも外ばかりが氣になり、

見えるものだけに囚われている

状態ではないでしょうか。

仮にその内の一つでも

手に入ったり満足出来ても、

またその次や今度は別の欲が

次と浮かんで来るのではと想います。

寂しいから求めるとも言えます。

しかし、その手に入ったり

満足した時の喜びも、

その瞬間の喜びで、

何日も続くことはなく、

日毎に失せて行くのではないでしょうか。

それは心からの歓びではないからです。

ただ表面的なその喜びだからです。

しかし、反対のその外に

喜びを求めていたり

エゴを満足させる為の喜びに対して、

今自分の周りに存在している有り難い喜び、

例えば、水や空気や太陽、

そして、木や花や小鳥の存在等、

人間を生かせていただいている自然環境や、

また、癒したり楽しく

喜ばせていただいている

その自然にちりばめられた

喜びを観じることの方が、

心がより豊かになり、

これが本当の歓びではと想います。

この喜びはいかがでしょう。

色なエゴを満足する喜びとは違って、

いつまでも心に残ったり、

受け取れば氣づけば観じる程に、

その心が喜びで

膨らむ一方ではないでしょうか。

その上、一旦その喜びを観じると、

決して忘れることはなく、

次から次にそれを観じれる様になり

よって、心が幸せで喜びで

満たされることと想います。

このようになると、

もう観る見える景色も変わり、

聴こえる風の音も鳥の声も

敏感に受け取れるようになる様です。

さらには、風の香りや花の香り、

色や形までをも喜びとして

観じれるようになり、

まさに心が喜びで

いつも満たされることになります。

仮に、その心がアクシデント等によって、

一瞬寂しくなっても、

すぐに喜びを補充出来る様になります。

この様になると、

心の喜びが生き方が、

本当にシンプルになると想いますが、

いかがでしょうか。

つまり、エゴがどんどん抑えられ少なくなり、

それこそ、この地球に自然に

人間が生きとし生きる生命体が、

喜んで楽しんで生きていける様に

準備されているこの環境を観じられて、

いつでも何ででもで喜びを観じれるからです。

そして、今の人間が

いかにエゴ中心であるかや、

そのエゴをいつも優先させる

社会で成り立っているかに

氣づくことにより、

そこと一つづつ縁を切って

行けるようになるからです。

つまり、求めるのではなく、

与えられている喜びを

ただ受け取るいただける様になるからです。

ただただそのサムシンググレートの

愛をいただき喜ぶことで、

シンプルに、しかも心も十分

満たされますがいかがでしょうか。

今日も一日、周りの幸せや喜びを

観じていただける日でありますように。

御蔭様で、ありがとうございました。